対馬旅行2

砲台をあきらめた後は移動時間を考えながら和多都美神社に行きました。
満潮であれば鳥居が海の中にあるように見えるという事を聞いていたのですが、干潮でした。

こんな感じでした。見た感じだと湖っぽく見えたのですがちゃんと海でした。
なんで海ってわかるのかって?
水をなめたからですよ。しっかりしょっぱかったです。

和多都美神社に行った後は烏帽子岳展望台に行きました。神社から5分ほどで着きます。
ここが対馬観光をして一番きれいだったです。
神社から烏帽子岳の方へ車を走らせると駐車場があります。
私たちはここに車を止めて展望台を目指して歩きました。

中々の悪道でした。そして永遠に続くと思うような階段。
120m登るというのは大変でした。もう息が上がってしまいました。
展望台まで登ると人がちらほら。駐車場には私たちの車しかなかったので「?」でした。
それでも景色を見てそんな疑問も吹っ飛びました。

かなり綺麗でした。
夕日が沈む瞬間とかだともっと綺麗なんだと思います。

余韻に浸っていると私たちが登ってきた方向と反対側から人が登ってくる。
なるほど。反対もあるのか。
そして反対側を少し見てみると、道が少し整っている。(どっちもどっちと言えばどっちもどっち)手すりがちゃんとあるのでこちらの方が歩きやすいです。
そしてなんといってもこれ

降りきったところで看板を見ると60m
距離が半分かよ!と
歩いて駐車場まで車を取りに行きました。
駐車場からその先の道を少しだけ登って突き当りまで行くと展望台まで登る距離が減ります。だんぜん奥まで車で行った方が良いです。

展望台に感動したあと、万関橋が見どころという事で確認することに。
確認というのは、実は行にも通っているのですがよくわからなかったのです。
小さな赤い橋があった後にくる大きな赤い橋が万関橋というアドバイスは聞いていましたが赤い橋は1つしか確認できなかったのです。
カーナビにマップコードを入力していざ万関橋へ!

結論から言うと、車を降りてまで写真を撮ったりするところではない。
私がしょぼい赤い橋と思った方が万関橋でした。
この後帰りにもう一つのしょぼい赤い橋を確認できました。
私には見どころがよくわからなかったです。感じ方は個人差があると思います。対馬空港から北部に行くときには必ず通る橋なので通過するときに「あぁこれか」と思ってもらえればと思います。

そしてホテルへ向かうのです。
びっくり対馬ホテル編へ続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。